ポケットWi-Fiのメリット・デメリット

地図やカーナビ、乗り換え案内など、アプリの機能も進化し、スマートフォンやタブレットは今や生活に欠かせない道具となりました。電車での移動中や外出先での待ち時間に、動画やゲームを楽しんでいる方も多いと思いますが、ついつい利用しすぎて規定の通信量を超えてしまい、生活に必要なアプリの機能まで使えなくなって困った経験はないでしょうか?

スマートフォンなどの通信量を節約するためには、Wi-Fiを利用する方法があります。外出先でWi-Fiを利用するには、お店や公共機関が提供しているフリーWi-Fiを利用する方法もありますが、セキュリティの設定がないため、大事なデータが盗まれてしまう危険があります

外出先でWi-Fiを利用するためには、持ち運びできる「ポケットWi-Fi」を使用する方法がありますが、使用上の注意点について気になる方も多いのではないでしょうか。このコラムでは、ポケットWi-Fiを利用するメリットとデメリットについて解説いたします。

ポケットWi-Fiを利用するメリット

ポケットWi-FiWi-Fiを利用するにはWi-Fiルーターが必要です。ルーターには家の中やオフィスに置いて使うタイプのものと、バッテリー内蔵で持ち運び可能なモバイルタイプがあり、モバイルタイプのルーターの通称をポケットWi-Fiと言います

ポケットWi-Fiがあれば外出先でも、移動中でもインターネットに接続できます。モバイルパソコン、スマートフォン、ゲーム機などのネットワーク対応機器に対応が可能です。ポケットWi-Fiを利用すると、持ち運びができる以外にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

光回線に比べて月額料金が安い

ポケットWi-Fiの利用にかかる月額料金は、光回線を利用するよりも安くなる場合が多いため、自宅用として利用する方法もあります。一般的に、光回線でWi-Fiを利用する場合は、プロバイダ料込みで5,000円~6,000円が月額料金の相場となっています。ポケットWi-Fiであれば通信制限なしのプランでも月額4,000円前後で利用することが可能です。

回線工事が不要で設定が簡単にできる

ポケットWi-Fiは無線接続できるため、光回線のような回線工事は不要です。インターネットから契約の申し込みをすれば、早ければ3日程度で自宅に届き、すぐに使用できます。設定もスマートフォンやパソコンなどでアクセスキーを入力するだけなので、とても簡単です。機種によっては、ポケットWi-Fi側のWPSボタンを押すだけで設定できるものがあるので、さらに手間がかかりません。

仕事上の都合などで引っ越しが多い方は特に、転居のたびに工事や手続きが必要になる光回線よりも、工事不要のポケットWi-Fiの方が利用しやすいと言えるのではないでしょうか。

ビジネスに活用できる

モバイル
画像出典 (モバイルWi-Fi最安リサーチ!*モバイルWi-Fi

ポケットWi-Fiは、ビジネスの場でも有効活用できます。外出先での商談を行う前に、急な資料の追加や変更があった場合でも、ポケットWi-Fiがあればどんな場所でも営業資料のダウンロードが可能です。メールチェックなどもスムーズに行えるため、連絡の行き違いも防ぐことができます。

また、Skypeなどのインターネット電話を使えば、離れた場所にいる取引先の会社やお客様と、どんな場所からでも顔を見ながら打合せすることが可能になるので、アポイントメントを取る手間も省け、商談を迅速に進められます。仕事でモバイルパソコンを持ち歩いているビジネスマンの方にとっては、ポケットWi-Fiはもはや必需品になりつつあるのかも知れません。

ポケットWi-Fiのデメリット

ポケットWi-Fiはインターネットに無線で接続するため、電波環境によって通信の品質が左右されます。コンクリートの厚い壁で仕切られた屋内や、ビルなどの建物に電波を遮られた場所ではインターネットに接続できなくなる場合もあります。

ポケットWi-Fiは、電波環境の良い場所であれば光回線と変わらない通信速度でネット接続が可能ですが、電波が悪いと接続がかなり遅くなる場合もあり、注意が必要です。

通信制限がある

ポケットWi-Fiには、3日間で3GBの通信制限がある場合が多く、制限を超えると低速化され、インターネットに繋がりにくくなります。ポケットWi-Fiのようなモバイルデータ通信は、自分のいる場所から一番近い基地局の回線を通して行われます。もし、近くにいる人が膨大な通信量を使用していたら、回線に渋滞が起こり、その回線を利用している人たちが皆インターネットに繋がりにくい状態になってしまいます。そのようなトラブルを回避するために、通信制限が存在するというわけです。

オンラインのゲームをよくする方など、多くの通信量を必要とされる方は自宅に光回線を引かれることをおすすめします。また、完全に無制限ではありませんが、通信制限が緩いプランのモバイルルーターもあるので、そちらを利用されると良いでしょう。

ポケットWi-Fiそのものを持ち歩く必要がある

ポケットWi-Fiを使ってインターネットに接続するためには、端末から受信される電波が必要なので、端末をスマートフォンなどの機器のそばに置いておく必要があります。そのため、常に持ち歩く必要があり、自宅などに忘れないように気をつけなければなりません。

また、ポケットWi-Fiを使うにはスマートフォンと同じように充電が必要です。バッテリーの容量自体は大きいので、完全に充電しておけば6時間~8時間接続を続けることが可能ですが、充電を忘れてしまうと使えなくなってしまうので、注意が必要になります。

まとめ

ポケットWi-Fiを利用する最大のメリットは、持ち運びが可能で、家でも外出先でもWi-Fiを利用できるという点です。その他に、光回線に比べて月額料金が安いという点や、回線工事が不要で、端末さえ手元に届けば簡単な設定をするだけですぐに使用を始められるという点などが、メリットとして挙げられます。

また、仕事でモバイルパソコンなどを使う機会の多いビジネスマンの方にとっては、ポケットWi-Fiはもはや欠かせない道具となりつつあり、ビジネスの場で大いに活用されています。プライベートだけではなく、様々な活用方法があるという点もメリットの一つです。

反対に、ポケットWi-Fiを利用するデメリットとしては、電波環境に左右されやすいという点や、通信制限のあるプランが多い点、充電を忘れると使えなくなるという点が挙げられます。持ち運びが可能な点は最大のメリットでもありますが、もしもどこかに置き忘れるとインターネットを使えなくなってしまうというデメリットを生む可能性もあるので、注意が必要です。

ポケットWi-Fiの利用にはデメリットもありますが、いくつかの注意点に気を付ければ快適に使用することも可能です。これから導入を検討されている方は。是非参考にしていただきたいと思います。